アマランサスとは

アマランサスが人気となっている理由は栄養価?

色々な食品がスーパーフードとして紹介されていますが、過去のその注目度ランキングでは、1位がアマランサス、2位がテフ、3位がワイルドライスとなっていました。どれも聞いたことが無い名前ですね。

一体どんな食品なのでしょうか?

まず、1位のアマランサスですが、これは赤粟と言う日本名もあって、東北地方で栽培されているとのことでした。なんでも、白米に比べ、カルシウムが25倍、鉄分が50倍も含まれているため、骨粗鬆予防効果や貧血改善効果を見込めるのだとか。

ちなみに、キヌアと同じく南米ペルー原産なようです。
なんだか、ペルーって色々とすごい食材が多いのかもしれません。

次に、2位のテフですが、これもアマランサスと同じ穀物に分類されるそうです。しかし、エチオピアが原産であるため、日本では珍しいとのことでした。

また、ものすごく小さいですが、食物繊維が豊富なため、血糖値の上昇を防げるみたいです。最後に、3位のワイルドライスですが、これはアメリカのイネ科植物の実だそうです。名前からして、お米の仲間かと思ったのですが、違うんですね。

玄米に比べて、ビタミンEや葉酸が豊富に含まれているとのことでした。

個人的には、アマランサスが気になりますね。年齢的に、カルシウムを積極的に摂らないと、骨粗しょう症になってしまう危険もありますから。なので、早速アマランサスを売っている通販サイトを探してみます。

アマランサスを食べてみました

スーパーフードに拘っているというわけではありませんが、体の調子を考えると、どうも鉄分が不足しているような気がしました。鉄分不足は冷え性の原因だそうですが、結構冷えやすい体質です。

というよりも、低体温が長く続いていて、それが自分の体みたいな感じ。うーん、微妙なニュアンスですが、割と健康的な生活をしているつもりでも、冷えだけは、どうにも改善しません。

そこで、アマランサスが高栄養という事を知り、試してみようと思ったわけです。
元々は、キヌアが人気という事で一度試してみようと思ったら、自然とアマランサスも買ってしまっていたという衝動的な事なんですけど・・・。

それはさておき、アマランサスの栄養価を比較すると、玄米より食物繊維が2倍と多く、カルシウムはおよそ18倍、マグネシウムは2倍、そして、鉄分は、4倍だそうです。実際に食べる量で考えたら、アマランサスをスプーン1、2杯で玄米ご飯一杯分くらいの栄養となってくれそうな気がしなくありません。

いや、それはさすがにちょっと言い過ぎました。

でも、少ない量で高栄養。まさにスーパーフード。

でも、食べるときの事を考えると、玄米が生のままえボリボリ食べられないのと同じように、アマランサスも結構大変です。小さくて固いのでゴリゴリとつぶして食べるのが大変なので、加熱しなくてはなりません。

加熱というか煮込むというか。
そういう意味でも、玄米ご飯などに混ぜて炊きあげるのが良さそうですが、その辺は、これから色々と食べやすい方法を検証していこうかなという感じです。

注目のアマランサスとは

チアシードやココナッツオイル、カカオなど、続々と日本に上陸するスーパーフード。様々な食品がスーパーフードとして紹介されているそうです。では、注目されているスーパーフードだと、どういった食品なのでしょうか?

調べたところ、アマランサスという食品が該当するとのことでした。アマランサスなんていう名前は全然聞き慣れませんが、赤粟との名前で、日本の東北地方でも栽培されているそうです。

となると、雑穀の1つなんですね。
少し検索してみると、インコが食べている画像が結構有ったのですが、そういえば、エサとして見たことある気がします。

この食材自体、味や匂いには癖が無く、比較的どんな料理にも混ぜられるみたいです。ちなみに日本では、お米に混ぜて炊いて食べることも多いとのことでした。

では、そのアマランサスには、どういった栄養素が含まれているのかと言うと・・・たんぱく質、カルシウム、脂質、鉄分、リン、カリウムなどが挙げられていました。かなりの種類が含まれているんですね。

また、量も豊富で、普通の白米に比べてたんぱく質は2倍、カルシウムは25倍、脂質は5倍、鉄分は50倍とのことでした。カルシウムや鉄分が特にすごいですね。

ただし、アマラサンスには、シュウ酸が含まれている事で尿路結石を誘発するとの情報もありました。それを知るとちょっと微妙な気がします。

カロリーを摂り過ぎると痛風になることがありますが、どうやら、痛風と尿路結石は関係があるようです。もしも、アマラサンスで尿路結石が誘発されるとなると、なんだか、いくらスーパーフードが高栄養でも、良いものと悪いものがある気がしなく有りません。

この辺、もうすこし調べておきたいところです。

関連ページ

MENU