n キヌアとは

キヌアとは

スーパーフードで有名なキヌアとは?

キヌアの見た目は、キビみたいで、分類的には雑穀に入るそうです。

となると、キビやアワ、ヒエと同じということになるんですね。しかし、意外にもホウレンソウが近縁だそうです。また、歴史が意外と長く、数千年前から南米アンデス山脈地帯で栽培されていたことが分かっているのだとか。

最大の魅力としては、栄養価の高さ。
まあ、スーパーフードと呼ばれるのですから、当然ですが・・・。

具体的には、キヌアは通常の精白米と比べて、タンパク質が2倍、良質な脂質が5倍、食物繊維が8倍、カリウムが6倍、マグネシウムが7倍、鉄分が8倍、カルシウムにいたっては10倍も含まれているのだとか。

そのため、骨粗しょう症の危険が高まる、中高年の女性からの人気が、特に高いとのことでした。

また、レシピのレパートリーが広いという点も、メリットとしてよく紹介されるそうです。なんでも、無味無臭の関係上、どんな料理にでも混ぜることができるのだとか。

地元の南米では、スープに入れたり、挽いてパンにしたりして食べていますが、日本ではそれに加え、ご飯と一緒に炊くという方法も多用されているみたいです。これなら、無理無く続けることもできそうですね。

宇宙食にもなっているらしい

キヌアは、あのNASAが宇宙食の材料として推奨したものなのだとか。宇宙食にも使われるキヌアが気になります。

つまりは、ものすごく栄養分が豊富ということだと思うのですが、一体、どんな食べ物なのでしょうか?

調べたところ、キヌアは穀物の一種とのことでした。基本的には、蒸して食べるそうなのですが、無味無臭であるため、どんな食材とも合わせても調理できるとのことでした。

しかし、その見た目は、キビのようなので、そんな小さくて地味なキヌアに、宇宙食に推奨されるくらいのすごさがあるとは、個人的には到底思えませんでした。これなら、普通の白いご飯を食べた方が良いのでは、といった感じで。

しかし、実際のところ、キヌアには白米とは比べものにならないほど、豊富な栄養素を含んでいるそうなんです。具体的には、白米に比べ、カルシウムの含有量が6倍、鉄分が5倍、食物繊維が10倍、たんぱく質が2倍となっているのだとか。

なんだか、この栄養素の数字だけ見ると、何かのサプリメントみたいですね。逆に言えば、キヌアは、サプリメント並の栄養素を摂取できるんですね。宇宙食に推奨されたのも納得です。

関連ページ

MENU