ドラムパーツ底のカビに関するメーカーの回答

アンダーカバーの調査依頼結果とメーカーの対応

黒カビの件でスロージューサーを販売店に預けてから、およそ1週間後、販売店経由でメーカーからの回答を電話でいただきました。その回答内容と自分の考えについてまとめました。


【質問1】
アンダーカバーの汚れは何だったのか?

【回答1】
調査の結果、カビではなく、野菜の色素による汚れとわかりました。なぜアンダーカバーの裏側に入ってしまったのかというと、白いギア部分の組み付けが悪く、パッキンの隙間から入り込んだものと思われます。

ですので、ドラムパーツに関しては、新品と交換という形で対応させていただきます。


【質問2】
ジュースにカビ(のような汚れ)が混入する懸念は無いのか?

【回答2】
アンダーカバー側の汚れがジュースに入り込む心配はありませんので、安心してご使用下さい。


【メーカーからの要望】

今回、スチームクリーナーで洗浄したとの事ですが、パーツが故障する原因となりますので、今後がお控えいただくようにして下さい。


以上のような内容でした。

結論:使用をヤメました

まず、販売店およびメーカーの対応は、懇切丁寧なものに感じましたので、サービスの質という意味では好感が持てます。

その点に関しては、先述しておきたいと思います。

では、肝心のアンダーカバーの汚れですが、メーカー側としては、構造の欠陥ではなく、あくまでも組み付けの問題。つまり、製造工程におけるちょっとしたミスという判断に落ち着いたようです。

それであれば、色素がパッキンを通り抜けてアンダーカバー側に侵入し、汚れとなったという事も自然な流れの説明が成り立ちます。

もちろん、これも実際に起こっている事だと思いますが、それがギアの隙間などに残った位で、黒色に変色しヘドロとなるでしょうか・・・。

メーカーは、「カビではなく野菜等の色素」という判断ですが、キッチンハイターで真っ黒いヘドロが出てきたのを実際に確認しているので、それが、カビではないという説明はちょっと信用できない自分が居ます。

まあ、メーカーは調査した上でそうした結論を出していると思うのですが、今までの人生経験上、どう見ても黒カビとしか思えなかったというのが私の結論です。

また、今回は、交換対応という形でメーカーとしての誠意を表してくれたようですが、組み付け問題をクリアしたとしても、同じ部品、しかもパッキンを間に挟むような部分は、使用していれば、いずれ同じ状況になるのは目に見えてます。

カバー裏側と大小のギアが向かい合っている面は水切れも乾燥性も悪いので、毎日のように使用していれば、構造的に黒カビが発生しやすい条件は揃っています。それに、キッチンハイターを使っても、その周辺までは届くけど、接している面までは、中々除菌できませんでした。

これは、どうしようもない事です。

これからも前向きに使っていく事を踏まえて色々と試した上で、「これは、ちょっとよろしくないな」と思ったので、私個人の結論としては、もう使わない事にしました。

メーカーの回答にもあるように、「使用中に汚れ等が混入する心配は無い」という事なので私ほど神経質になる必要も無いと思いますが、半年間使用を続けて、毎日のように洗う手間、汚れをメンテできない構造、野菜の消費量なども踏まえて、スロージューサーは必要無かったという判断です。

関連ページ

MENU