青汁(粉末)より生の野菜ジュースが良い実感

青汁もずっと続けてきた経験も踏まえて・・・

今まで、ブレンダーも色々な種類を購入したり、すり下ろせるフードプロセッサーでみぞれ状にしてから、絞り器で絞ってジュースにするという事もやってきましたが、やっぱり、毎日となると何かと手間。

それなら、青汁の粉末を飲めば一番楽だと思って、青汁だけ続けていた時期も割と長く有りましたけど、結局、野菜ジュースを自分で作るところに戻ってきてしまいました。

結局、絞りたての美味さには敵いません。

体にも良いものを取り入れている感覚もあります。

最近では、青汁にも色々な種類が作られるようになり、大麦若葉一種類だけというのではなく、色々な食材がフリーズドライでブレンドされているものもあり、栄養価も非常に高く、何より色々な野菜を一度にバランス良く摂取できている感覚になります。

でも、実際に試してみても、味は美味いとも不味いとも思いませんが、出てくるものがベトついていて色も緑っぽくなっているので、「本当に栄養吸収されてるの?」という疑問を感じる事があります。

青汁って、なんとなく健康に良いことをしているイメージは持ちやすいですが、それが実際にどの位栄養として吸収されているのかなと考えたとき、良くも悪くも体に変化を感じ無かったので、なんとなく青汁は違うのかなという気になりました。

確かに、毎日続ける事を第一に考えると、スロージューサーだと食材を数日おき位で買ってこなくてはならないし、野菜も高いし、ジューサーの掃除も手間と色々と弊害はあります。

その点、青汁なら手間なくパウダーをさっと水に混ぜれば終了なので、費用対効果を比べると青汁の方が断然良い気がしますが、実際に長く続けてきた経験も踏まえると、スロージューサーの方が続ける価値はありそうに思えています。

それに、野菜ジュース作った方が色々ブレンド出来て楽しく、その季節ごとの果物入れてみたりと、飽きずに続けられる点も良いし、何より酵素を取り入れられている感覚は、生野菜を絞れるスロージューサーだからこそというのもありますからね。

MENU