フローズンデザート用で大根おろし

あまり美味しくなかった・・・

クビンスのスロージューサーには、フローズン用に別のパーツがあるので、大根おろしを作ったらどのようになるのか試してみました。

大根は、4~5cm程度の大きさを使います。

皮をむき、投入しやすいサイズにカット。

それをフローズン用のパーツを付けたジューサーに投入すると、こんな感じで出てきます。

見た目は、割と大根おろしっぽく仕上がってますね。

この感じだとすり下ろした大根と同じように見えます。

そこから、水分を取り除き、残った方を器に盛り付け。大根の水分も貴重な栄養源なので、私は、味噌汁に混ぜるようにしています。ただし、大根おろしには、消化酵素が豊富に含まれているので、空きっ腹に飲むのはやめておきましょう。

何度か悶絶した事があります。笑

まるでデザートのような見た目です。

醤油を垂らして完成です。

普段から大根おろしを食べる機会が多いのですが、いつもは、大矢製作所のおろし金を使っています。このおろし金がかなり切れ味が良くて、こすりつけてするのではなく、細かく切るようにする事ができます。

でも、時々面倒に感じるので、そんな時にクビンスのスロージューサーで大根おろし作りも手軽なものになれば良いですね。

早速食べてみましたが、食感がシャーベットのような感じでジャリジャリしていていまいちでした。あんまり美味しくないなというのが本音。

でも、大根おろしとかじゃなく、トマトやキウイなど、根菜と違ってややジュースになりにくい食材を使うなら良さそうな気がします。

関連ページ

MENU