妊娠しやすい体づくりとファスティングの繋がり

妊娠しやすい体づくりとファスティングの繋がり

「元気な子供を産むためには、しっかり栄養を!」と言われれば、普通にそうだと思ってしまいがちですが、妊娠するまでは、むしろ食べない方が良かったりするそうです。

実際、そうした目的の断食道場的なものもあるらしく、夫婦で食べない生活を続けると、身体の悪いものが出て行き、同時に、今まで食べる事に使われてきた酵素が身体の代謝に使われるようになるので、卵子も精子も健康な状態になり、妊娠確率がアップするという情報もあります。

情報というか、実際に、そうした道場に行って子供が出来たという事実でしょうか。

だからと言って、すぐに簡単に始められるわけではないのが断食。
その辺もやり方があるのだと思いますが、これは、日本の家族を見ても明らかです。

昔は、兄弟が5人以上というのも当たり前でしたが、その時代背景は、戦後だったりするので食べ物も不自由で限られています。今のような生活習慣病も少なかった時代。

ちゃんと食べるものも食べられていないのに、子供がこんなに産まれ、しかも、健康的に育つ。これこそが意味する所みたいです。でも、今の生活だと、食品に恵まれて、色々なものを食べる事が出来ます。

健康の為、元気な赤ちゃんを産むためにと、その前から、しっかり食べ過ぎた結果、妊娠しにくい身体になっていたなんて考えると、努力が水の泡と思ってしまうものですが、これからの時代は、何でも追加するプラスの食事から、身体に負担をかけないマイナスの食事が結局は、身体の為になるのかもしれません。

妊娠したいと常々思って不妊治療を続けている人は、まずは、食べない方法での不妊治療を考えて行動してみるというのも一つの方法かもしれません。

生理周期が安定しない人も、断食に近い食事を用いる事で生理周期が安定したとなれば、それは、やっぱり食べ過ぎが原因。

しっかりと調べる為にも、排卵検査薬を使ってLHの変化などを確認すると、どちらが正解なのか見えてくるかもしれません。

妊活中も小食は良いそうです

現代の栄養学では、とにかく必要な栄養を沢山補った方が良いという考え方が基本となっていますが、その裏で過剰摂取によって起こる弊害なども注意しなくてはなりません。

妊活中も実は、栄養を摂りすぎていた事で返って子供が出来にくい身体になっていたなんて事を知ったら、どれだけの人が驚くでしょう。
でも、小食の意味を理解すると、それも自ずと納得できると思います。

というのも、小食は、胃腸の消化吸収にかかる時間を抑えるので結果的に負担を減らすことになります。この負担の少ない状態が続くと、身体は、栄養吸収ばかりに重点を置く事から解放されるわけです。

すると、どうなるか。
代謝が改善し、身体の中の悪いものが出やすい身体に変わってくるという事ですね。

代謝が良くなるという事は、今まで上手く機能していなかった身体の仕組みが本来の働きを取り戻すという事です。なので、妊活中にも、これが当てはまるらしく、結果的に食べない方が実は妊娠しやすかったりするそうです。

でも、栄養を摂る量を減らすなんて、普通に考えたらおかしいと思いますよね。
しかし、それこそが身体の仕組みのようです。

ただし、妊娠したら、今度は、子供の為の栄養は必要となると思いますが、この時も具合が優れず食べれない時は、無理に食べない方が良いのかもしれません。

ただし、妊娠中には、葉酸の必要性など言われていますので、栄養を補う方法として、葉酸サプリメントなどを用いるのも良いのかもしれませんが、このサプリメントを選ぶ場合も、合成と天然があるそうなので気をつけたいところです。

ちみに、妊活中に性交痛が気になる場合は、潤滑ジェルを用いる事が推奨されているようですが、なんでも良いわけではなく、医療品レベルで製造されているプレシードなどが良いそうです。

しっかり食べて栄養の摂り過ぎも良くないらしい

「元気な子供を産むためには、しっかり栄養を!」と言われれば、普通にそうだと思ってしまいがちですが、妊娠するまでは、むしろ食べない方が良かったりするそうです。

実際、そうした目的の断食道場的なものもあるらしく、夫婦で食べない生活を続けると、身体の悪いものが出て行き、同時に、今まで食べる事に使われてきた酵素が身体の代謝に使われるようになるので、卵子も精子も健康な状態になり、妊娠確率がアップするという情報もあります。

情報というか、実際に、そうした道場に行って子供が出来たという事実でしょうか。

だからと言って、すぐに簡単に始められるわけではないのが断食。
その辺もやり方があるのだと思いますが、これは、日本の家族を見ても明らかです。

昔は、兄弟が5人以上というのも当たり前でしたが、その時代背景は、戦後だったりするので食べ物も不自由で限られています。今のような生活習慣病も少なかった時代。

ちゃんと食べるものも食べられていないのに、子供がこんなに産まれ、しかも、健康的に育つ。これこそが意味する所みたいです。でも、今の生活だと、食品に恵まれて、色々なものを食べる事が出来ます。

健康の為、元気な赤ちゃんを産むためにと、その前から、しっかり食べ過ぎた結果、妊娠しにくい身体になっていたなんて考えると、努力が水の泡と思ってしまうものですが、これからの時代は、何でも追加するプラスの食事から、身体に負担をかけないマイナスの食事が結局は、身体の為になるのかもしれません。

妊娠したいと常々思って不妊治療を続けている人は、まずは、食べない方法での不妊治療を考えて行動してみるというのも一つの方法かもしれません。
生理周期が安定しない人も、断食に近い食事を用いる事で生理周期が安定したとなれば、それは、やっぱり食べ過ぎが原因。

しっかりと調べる為にも、排卵検査薬を使ってLHの変化などを確認すると、どちらが正解なのか見えてくるかもしれません。

関連ページ

MENU