ファスティングとは?

最近流行りのファスティングとは?

断食という意味でのファスティングが、最近では日本人女性の間で流行しているそうですね。

主な目的は、ダイエットや美容促進だそうです。
女性に注目されるキーワードは、スリムやアンチエイジングに繋がるものが多いものですね。

断食と言えば、食事を摂らないという意味なので、単純にダイエットのためのみのものだと思っていたのですが、美容を促進する効果もあるそうです。

一体、どのような仕組みとなっているのでしょうか?

それは、内蔵を休ませる事での代謝改善やデトックス効果。

調べたところ、ファスティングによって内臓を休ませられるから、ということが分かりました。なんでも、日常生活においては、どうしても多かれ少なかれ有害物質が体内に蓄積してしまう関係上、有害物質そのものや、その解毒によって、内臓が疲弊している場合が多いのだとか。

つまり、ファスティングで体外からの食物摂取を大幅に制限することで、身体を有害物質排出に集中させると共に、内臓への負担を減らすことができるんですね。経験者の声によると、実際に肌が本当に綺麗になったり、体調がとても良くなったりしたとのことでした。

ちなみに、断食と言っても、美容促進効果が目的なら期間は1~2日程度で良いそうです。これなら、週末や休日を利用して、誰でも気軽にできますね。

ファスティングにはプログラムがある

ファスティングという言葉自体あまり聞きなじみの無い人も多いかもしれません。簡単に言うと、軽い断食というのが一番合っているようです。また、それを3日だったり、1週間だったりと計画的に行う事のようです。

断食と言うと、日本では、修行僧が山寺にこもって一定期間水だけを口にして、ずーっと座禅を組んで過ごすというようなイメージがあるのですが、ファスティングとは、プログラムをしっかりと組んで食べないようにする事のようです。

ファスティングの発祥がアメリカというのも気になる所ですが、お肉大好き、何でも豪快というイメージの国である一方、そうした人を目の当たりにしているからか健康への意識の高い人も同じく多いのがアメリカという国のようです。

それ故に、こうしたアイデアが次々と生まれてくるのかもしれません。

また、ファスティングダイエットという言葉も出てきているように、ダイエットの一環として取り組むのもその一つの方法ですが、基礎となるのは、ダイエットというよりは、健康促進。

なので簡単に言うと食事療法のような印象があります。

今までの食生活で取り過ぎた分をリセットして、代謝が上がるようにする事で健康状態が改善される。ここを目的としているようですが、実際に試すと、朝の目覚めが良くなったり、頭の回転が速くなったり、はたまた、抜け毛が減ったりと身体の様々な機能が改善するようです。

現代人の生活は、飽食が続いていると言われていますが、実は、栄養を取入れているつもりが栄養過多になったり、食べる量が多く消化酵素を無駄遣いしているようです。

その酵素の無駄を無くすことで代謝が改善し、本来の人の持っている自己回復能力を高める事がファスティングを行う事で出来るそうです。

このように健康に良いことだらけですが、こういうものは流行り物として捉えられやすい部分もあり、ダイエット目的で行ったものの返ってリバウンドするという人も多いんだとか。

健康を目的として、結果的に痩せたというのであれば結果オーライだけど、ダイエット目的で行うのはちょっと注意した方が良さそうですね。

ファスティングの正しい方法は?

ファスティングが流行するにつれて、間違った方法でそれを行い、失敗してしまうケースも増えているのだとか。気をつけなければならないのはリバウンド。

では、ファスティングの正しい方法とは、どういったものなのでしょうか?

個人的には、ただ2~3日固形物を食べず、水や酵素ジュースなどで過ごせば良いだけだと思っていたのですが、どうも違うそうなんです。なんでも、実際のファスティング期間に入る前に、最低でもそれと同じ日数の準備期間を設ける必要があるのだとか。

具体的には、食事メニューをカロリーが低い和食中心にすると共に、その量も少し減らすことで、ファスティングに入る前にある程度身体を慣らしておくんですね。

この準備を経ずにいきなりファスティングに入ると、栄養失調になったり、中途半端な所で空腹に耐えきれずドカ食いしてしまったりして、まったく効果が無いどころか、かえって逆効果で体に悪い結果となってしまうそうです。

また、ファスティング期間が終了した後も、胃に負担をかけないよう、重湯から普通の食生活に少しずつ戻していかなければいけないみたいです。ファスティングって、トータル的に考えると意外と大変なんですね。

ファスティングダイエットは簡単?

ファスティング、と言われるとなんだか聞き慣れませんが、言ってしまえば断食です。つまり、一定期間、食物の摂取を大幅に制限する方法。
週末断食なんて言い方もされています。

具体的には、このファスティングダイエットの場合、水と酵素ジュースのみに限られるそうです。となると、基本的に固形物は一切口にできないということになります。

この時に用いる酵素ジュースは、市販されていますが、製造工程における加熱処理によって、せっかくの酵素が台無しになってしまうと言われています。他には、手作りの酵素ジュースもありますが、こちらは、作り方によって雑菌が繁殖する事もあるので注意すべきです。

それを考えたら、生の野菜に含まれる酵素を壊さずに摂取する事が出来るスロージューサーで作った野菜ジュースを酵素ジュース作りの代わりに使うというのも全然ありだと思いました。

ただし、それだけで3日過ごさなくてはいけない事が少し気がかりです。

でも、まあ、3日間ならハードルは低いような気がしなくありません。
週末やちょっとした連休を利用すればできますから。

ただ、断食する日数は3日ですが、その前後はちょっと注意が必要とのことでした。詳しく言うと、ファスティングを始める1週間前からは、高カロリーな食事を控えて和食中心のメニューにしなければいけないそうです。

また、ファスティングが終わった後も後で、最初はお粥、次からは軽い和食、という感じに、少しずつという形で、何時もの食生活に戻さなければいけないのだとか。

頭の感覚では、久しぶりの食事だとガッツリ食べたいと思うかもしれませんが、実際には、胃が小さくなっているので、少しの量でも十分に満腹感を得られるようです。

その辺の回復食などを踏まえると、一概に簡単とまでは言えなさそうですね。

関連ページ

MENU