ミキサーを使った酵素ジュースレシピは無い?

酵素は熱に弱い事も関係あるようです

酵素ジュースというのは、好きな果物又は野菜と、その1.1倍の量の砂糖さえあれば、作ることができるそうですね。

ただ、その材料の少なさの反面、意外と手間はかかります。具体的には、漬物のように砂糖や材料を漬け込んで、カビが生えないよう気を付けつつ、1日1回かき混ぜるというのを20日程続けなければならないんですね。

個人的には、そんな面倒なことをしなくても、ミキサーを使えば一発なのでは、と思って調べてみたところ・・・なぜかミキサーを使った酵素ジュースの作り方は、ほとんどありませんでした。

ミキサーの方が、手早く材料を砕いてかき混ぜられるため、簡単だと思ったのですが。

しかし、実際のところ、ミキサーは酵素ジュースに向かないそうです。なぜなら、酵素というのは熱にとても弱いからです。つまり、ミキサーが野菜や果物を砕いている内に、その発する熱によって同時に酵素も分解してしまうんですね。

実際、にんじんなどをミキサーにかけてみたものを食べると、すり下ろしたものより味がまずかった記憶があります。そういう実感も踏まえると、身体に良い方法は、手早く簡単なミキサーでは無理なのかもしれません。

同じミキサーでも、熱を発さずゆっくり回ってくれるタイプのものなら、ある程度酵素を残すことも可能みたいですが、やはり先述した作り方には敵わないそうです。となると、酵素ジュースにお金をかけたくない人は、多少面倒ですが日数をかけてじっくり作るしかないんですね。

酵素ジュースの手作りは簡単?

酵素ジュースによるダイエットを試す人が増えてきているようです。

激しい運動をせず、一食をそのドリンクに置き換えるだけで良いため、手軽にできるダイエットとして人気なのだとか。

また、酵素ジュースは意外と簡単に手作りもできてしまうそうです。

酵素ジュースを手作りするなんて、イメージ的には大変そうですが、材料は好きなフルーツや野菜と砂糖だけで良く、20日程漬け込むだけでできてしまうらしくて。

ただ、酵素も出来ても悪玉菌も増えないかちょっと心配ですけど・・・。

では、酵素ジュースには、どういう食材が向いているのでしょうか?

調べたところ、春から夏の季節だと、スイカ、トマト、スモモ、ゴーヤー、シソなどが、秋から冬の季節だと、ミカン、ニンジン、ダイコン、リンゴなどが良いと分かりました。

一方、ネギ類やニンニクなど、匂いの強い食材は向かないとのことでした。となると、結構色々な食材を酵素ジュースにできることになると思います。

ダイエット効果を得るためには、酵素ジュースを毎日飲む必要がありますから、多彩な食材を使えるのはありがたいですね。飽きが来ないで、無理無く毎日続けることができますから。

関連ページ

MENU